2012年3月、「どうせムリ」から「よし、やってみよう」へ!を合言葉にユニワンは誕生しました。
それまで大手個別指導塾の室長やプロ家庭教師、学習コーチとして経験を積んできた代表の竹田と仲間たちが、理想の塾をつくろうとはじめた小さな個人塾です。

そのため、大手塾のように教室が広く、高価な設備が整っているわけではありません。塾を選ぶのに、規模の大きさや、設備の充実度を第一に考える方には、ユニワンは合わないでしょう。

しかし、小さいからこそ、一人ひとりに目が行き届きやすく、生徒と講師の距離が近い塾です。そのため、「自分に合った学習内容やペースで進めたい。でも、目標達成に必要なこともきちんと伝えてほしい」という方には、一度試してみる価値はあることでしょう。

「どうせムリ」から「よし、やってみよう!」へ

まだ開校したばかりの新しい塾ですが、さまざまなドラマが生まれています。

  • 「学校の授業についていけなかった子が、2年後には偏差値20上の志望校に合格した」
  • 「評定平均2.7の子が、わずか10ヶ月でMARCHに合格した」
  • 「不登校だった子が受験を乗り越え、普通校に通っている」
  • 「進学校についていけずに困っていた子が、上位の成績を安定して取れるようになった」
  • 「他の塾を追い出され、学校の先生に志望校を下げるように言われた子が、第一志望に合格し、上位の成績を取っている」etc.

その他、ここには書き切れない成長ドラマが沢山あります。
あなたは、どんな成長物語を作っていきたいですか?

結果へのこだわり

私たちは学習塾として結果にこだわっています。しかし、こだわっているのは、「偏差値の高い学校への合格実績」でも「テストでの高得点」でもなく、「一人ひとりの自己ベストの実現」です。

理由は二つあります。

一つは、ユニワンに通っている子どもたちは、一人ひとりスタート地点も違えば、目指しているゴールも違うからです。
例えば、「進学校に通っていて難関国立大学を目指している」子もいれば、「学校の授業についていけないので基本から学び直したい」という子もいます。
スタートもゴールも一人ひとり違うのですから、通る道も、たどり着く場所も、それぞれ違って当然です。

もう一つの理由は、自分にチャレンジし、ベストを尽くすことに価値があると思うからです。
既に持っている力で、行ける場所を目指しても大した成長は望めません。
10代の子どもたちにとって大切なことは、ゴールを目指す過程で「どれだけ自分にチャレンジし、どれだけ成長していくのか」にあるのではないでしょうか。

成長するほど、志望校合格という「自己ベストの実現」が待ち受けているでしょう。
そしてさらにその先には、人生に前向きに、自分の人生の主人公として、歩んでいる姿があると信じています。

「どうせムリ」から「よし、やってみよう!」へ

それは簡単なことではありませんが、少しでも「変わりたい」と願うなら、いつでもご相談ください。人生の成長ドラマを一緒に考え、一緒に作っていきましょう。