【悩み・課題】

「物理の基礎問題は解けるけれど、入試問題だと歯が立たない」

高校3年生のA君が、夏前に相談してきた。

それまで「数学を得意にしたい」という目的で塾に通っていたが、
数学が伸びる一方で、物理が伸び悩んでいた。

物理の点数を見る限り、学校についていっているよう見える。
しかしそれは基礎問題で点数を取っていただけで、入試レベルの応用問題は解けずにいた。

そこでA君は、得意まで伸びた数学は自分で進めることにし、
代わりに物理の授業を受けることにした。

入試まであと半年と少し。時間との勝負だった。

【対策】パターンではなく、本質を理解する

学習状況をよく見ると、公式を使ってパターンで問題を解いているだけで、
きちんと図を描ききれておらず、物理の本質を理解していなかった。

そこで、図の描き方や本質的な考え方から、基本を一つずつ押さえていき、
入試問題でもその基本に忠実に解いていく方法を学んでいった。

それを理解し、定着させる能力は高く、一つ一つ確実にものにしていった。

【経過】一喜一憂することなく、やるべきことを進めた

物理はやった分だけすぐに点数につながるのではなく、
積み重ねて最後に急激に伸びる科目特性がある。

そのため、目に見えて急に模試の結果がアップしているわけではなかったが、
A君はモチベーションを下げることなく学習を続けた。
解いている時に、「わかる」「できる」の体感があったからだろう。

また、模試の結果に一喜一憂せず、冷静に分析・判断し、
自分をコントロールする能力の持ち主でもあった。

「今まで取り組んできた力学分野はできるようになった。
電気分野で落としているけど、これから取り組む予定だから構わない」

と冷静に受け止め、やるべきことを淡々と進めていった。

【結果】……。

本当に最後は時間との勝負だった。
カリキュラムの上では間に合う予定だった。
しかしそれは、あくまでカリキュラム上のことだ。

物理は基本を理解し、それを応用に活用できるまで落とし込むのに時間がかかる。
問題によっては、3週間後に突然「あ、そうか!」と腑に落ちることもあるのだ。

それが入試後に来られたら……。
間に合うかどうか?!

結果、A君はみごと、第一志望の早稲田大学先進理工学部に合格した。
最後まで冷静にやり遂げた結果だった。

【成功の秘訣】

多くの中高一貫進学校では、中学入試の段階で、情報処理能力の高さを要求されます。
その上、中学入学後も、学習進度が速く、課題・小テストが多いため、目の前の課題処理能力が要求されます。
そのため、公立中学校のトップレベルの子と比べても、「情報・課題処理能力」は高い子が多いようです。

ところが、進度が速いということは、
一つ一つにじっくり時間をかけずに、浅い思考で進んでしまうリスクもあります。

そのため、「パターンで解く問題」は得意だけれど、
「試行錯誤して解く問題」「記述式の問題」「本質をつかみ、深い思考を必要とする問題」などは
あまり得意としない子が多いようです。

確かに、GMARCHレベルや中堅国公立レベルなら、
「パターンで解く」ことでも合格をたぐり寄せることは可能でしょう。
しかし、それ以上となると、A君のように壁にぶつかります。

学校で処理能力を高められるからこそ、
「じっくり本質をつかむ」「しっかり頭を整理する」ことを定期的に行えば、
よりレベルの高い大学を目指すことも、そう難しくなくなる事でしょう。

また、「頭が整理される」と、学校の課題も今より時間をかけずに済むようになり、
その結果、よりじっくり取り組むことができる
、…、という好循環にもつながることでしょう。

【中高一貫校生のための個別指導の活用法】

中高一貫の進学校では、学校についていけば、入試に必要な力が付くようになっています。
実際、A君は、得意な英語は塾に通う必要がなく、学校の内容だけで十分でした。

そのため、忙しい中高一貫校生が塾・予備校を有効活用するには、
「学校の学習についていけていない科目」
あるいは「到達レベルが不十分な科目」だけ取り組むことで、
効率よく学習を進める事ができることでしょう。

個別指導なら、A君のように、途中で科目を切り替えることも可能です。

また、もっと効率良く、効果的に学習を進めたいのでしたら、
学校と同じ一斉授業形式で、もう一度「一から十まで」教わる必要はありません。

せっかく学校で、大学受験に必要な知識はすべて授業や課題で扱ってくれるのです。
後は自分に必要なカリキュラムで、単元別に
「こことここはできるようになった、次はここを進めよう」
という具合に進めることができれば、
時間の無駄を省け、最短でゴールに向かうことができるでしょう。

その為には「何となくここが苦手」と曖昧な記憶で進めていくのではなく、
学力診断テストや、普段の学習状況を細かく記録し、
根拠のあるカリキュラムで取り組むことが重要になってきます。

「科目」別に学習するのではなく、
「単元」別に学習するのが個別指導を上手に活用する秘訣です。

この記事を書いた人

竹田慶ユニワン代表・学習コーチ
〔好きな言葉〕 「意志あるところに道はある」
〔嫌いな言葉〕 「どうせムリ」
〔尊敬する人〕 P.F.ドラッカー、上杉鷹山、自分にチャレンジする子供たち、他