「集中力」を高めるちょっとしたコツ

「最近、なかなか集中できないんですけど、どうすればいいですか?」

中学3年のHくんが深刻そうに尋ねてきました。受験勉強を頑張ろうと、毎日自習しに来ていましたが、なかなか集中が続かないのだといいます。これでは学習効果が望めません。

集中できない理由

集中できない理由は、いくつか考えられます。

  • 睡眠不足・体調不良
  • 気がかりや他の興味に心奪われている
  • 先のこと、結果を考えすぎて不安
  • 学習内容を理解できない
  • やることを書き出していない
  • やらないことを決めていない
  • 時間を計っていない
  • やることの意味や目的があいまい
  • 絶対にやる!と決断していない

Hくんはタイマーを使い、時間を計ることから始めてみました。するとどうでしょう。それだけで、集中力が増してきました。

睡眠は集中の元

高校2年生のAさんは、「受験勉強の習慣づけをしたい」とユニワンにやってきました。

やることを明確にし、自習室を活用することで、学習習慣が少しずつついてきました。しかし、何かを始めると、障害に出会うものです。いくつか悩みが出てきました。

「自習にきてすぐ、眠くなってしまいます」

Aさんは、就寝時間がどうしても遅くなっていました。しかし起床時間を変えていなかったため、睡眠不足になっていたのです。 そこで、睡眠時間をしっかり取れるように就寝時間はそのままに、起床時間を1時間遅らせることにしました。更に学校の休み時間に仮眠をとることで、問題を解決できました。

集中力は有限である

「1日の最後の方は、集中力が続きません」

Aさんは他の悩みも抱えていました。集中力は有限なので、使うと落ちてくるのは当然です。しかし、集中力は回復させることができます。

集中力を回復させる方法はいろいろあります。

  • 好きな音楽のプレイリストを聴く
  • 甘いものを食べる(糖分補給)
  • ガムをかむ(血行が良くなります)
  • いったん立ち歩いて、伸びをする
  • 歌う・運動する・風呂に入る
  • 人と話す、笑う
  • 目標・計画を見返す(モチベーションアップ)
  • 数分間でいいから仮眠をとる、等

Aさんは、自分に合うものをいくつか取り入れてみました。すると、最後まで集中できるようになりました。

このように、集中力はちょっとした工夫で高めることができます。集中するほど学習効果が高くなるので、ぜひ、自分に合った方法を取り入れてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください