テスト勉強よくある12の間違い
from:竹田慶

  • 「やってもやっても成果が出ない!」
  • 「テスト勉強をしようと思っても集中できない」
  • 「テスト前にやるべきことが終わらない」
  • そんなことを感じたことはありませんか?
    もしそう感じているなら、あなたは中高生が陥りやすい「テスト勉強よくある間違い」を犯しているかもしれません。

    その間違いは多ければ多いほど、「やっている割に成果が出ない」ことになり、苦しくなってきます。
    まるで、穴の開いたバケツで水を汲んでいるようなものです。

    しかし、改善することはできます。
    穴があれば、それをふさげばよいのです。
    それだけで、もっと楽に成果を出せるようになることでしょう。

    まずは以下の項目をチェックして見てください。

    中高生が陥りやすいテスト勉強よくある12の間違い

    1.計画を立てずに始める

    計画を上手く使うと、ムダの90%を省けるよ!
    そして、ムリせず成果の上がる行動を自動化できるんだ!

    2.テスト1週間前にノートまとめをしている

    直前は覚える・解くことに専念しよう!

    3.時間を測らずに問題を解く

    時間を測ることで、集中力・本番力・計画力UP!

    4.解いた問題の答え合わせをすぐにせず、後でまとめてやる

    間違いが脳に定着してしまうよ!

    5.わかったらそれでできると思っている

    「わかる」ことと「できる」とは違うよね。
    「できるまでやる」のが出来る人の学習法 ☆彡

    6.友達と一緒に勉強する

    あちゃ~。・゚・(ノД`)・゚・。

    7.ケータイ・スマホを目に入るところに置いてある

    見えるだけで集中力Down↓
    使う時間、使わない時間を決めよう!

    8.理数科目・記述科目の前に睡眠を充分とっていない

    睡眠不足は「思考力」と「集中力」に感染するウイルスのようなもの。
    【ミス続発注意報】が発令しちゃうね!

    9.テスト前だけをテスト対策だと思っている

    コツコツがコツですね♪(^o^)丿

    10.一通り学んでいないのに、過去問に頼ろうとする

    基礎ができていない人ほど、てっとり早いものに頼ろうとするけど、…。
    やっぱり基礎ができていないことに気がつくだけ(-“-)

    11.簡単に点数が上がる方法があるのではないかと思い、周囲の情報に流される

    あれもこれも手を付けて、結局何も身につかず…。(*゚Д゚) アレ?

    12.前と同じ努力をすれば、同じ結果が得られると思っている

    例えば、小1の頃テストで100点を取っていた子が、中1になっても以前と同じ学習量だったとして、同じように100点とれるかな?
    取れるわけないよね(^^;)
    学年が上がるごとに、必要な学習量も学習の質も挙げていく必要があるんだ。
    みんなと同じくらい学習量と質を上げて、テストの点数(正確には偏差値)は現状維持、というのが現実です。
    学習の質と量のレベルUPをはかっていこう!

    —-

    さて、いくつ当てはまりましたか?
    あてはまることが多い人は、ちょっと混乱しているかもしれませんね。

    まずは、簡単にできることからでよいので、一つずつ改善してみましょう!
    「どうすればいいのかわからない」という人は、良く分かっている先生や大人に相談してみましょう。

    相談できる人がいない場合は、どうぞこちらもご参考に。

    あなたの「?」を「!」にする学習相談

    ps.
    ちなみに、上手くいっている人に共通する唯一の勉強法、
    それは、、、

    できるようになるまでやる

    これだけです。

    その心は?
    別の記事でお話ししますね。

    この記事を書いた人

    竹田慶ユニワン代表・学習コーチ
    〔好きな言葉〕 「意志あるところに道はある」
    〔嫌いな言葉〕 「どうせムリ」
    〔尊敬する人〕 P.F.ドラッカー、上杉鷹山、自分にチャレンジする子供たち、他