竹田慶from:竹田慶

「先生、神社にお参りしたら、単語テスト満点だった!」
どこの神社にお参りしたの?と聞くと、
「そこの神社、楪蓮(ちゃれん)神社!」

9月7日に、ユニワン教室内に神社を開設しました。
その名も、「楪蓮神社(ちゃれんじんじゃ)」。

なぜ神社をつくったのか?

子どもたちには、「どうせムリ」とあきらめるのではなく、「よし、やってみよう!」と自分にチャレンジして、人生の主人公として生きてほしいと思っています。それを実現するための一つの象徴としてつくりました。

楪蓮神社の由来

蓮(ハス)

楪(ゆずりは)

常緑樹のユズリハ。春に古葉と新葉が一度に入れ替わるので、譲(ゆず)る葉「ゆずりは」の名があります。お正月の飾りにもされます。
自分にチャレンジすることで、自分を新しくしていく意味が込められています。

蓮(はす)

お釈迦様の台座にもなっているハスの花。極楽浄土の花として大切にされています。ハスは、にごった泥水の中から茎を伸ばし、清らかで美しい凛とした花を咲かせます。

もしあなたが、にごった泥の中にいるような状態にあったとしても、自分にチャレンジをして茎を伸ばしていけば、清らかで美しい花を咲かせることができるでしょう。
そんな勇気を与えてくれる花です。

ご利益はありません。しかし、効果はあります!

神棚にお札は入っていないので、神のご利益はありません。
しかし、お参りを繰り返していくと、自信が育まれ、自分にチャレンジできるようになり、達成感を多く味わうことができるようになります。

冒頭の、単語テストで満点を取れた中学生。それまでは、なかなか単語を覚えられませんでした。
それがお参りしてから学習しただけでできるようになりました。
そんなバカな!?と思うかもしれませんが、嘘のような本当の話。

効果はあります。なぜでしょう?

心のブレーキ(メンタルブロック)を外す

人間だれしも、心のブレーキを持っています。
「難しいかな、止めておいた方がいいかな」
それは自分を危険から守るために役立つものなので、生きていく上で必要な物です。

しかし、前に進みたいときにブレーキは不要です。
もし、アクセルとともにブレーキをかけてしまうと、頑張っても前に進めないし、エンストを起こしてしまいます。

楪蓮神社にお参りすると、その心のブレーキを外し、前に楽に進める効果があります。
これは、プロスポーツ選手も行っているメンタルトレーニングに似たお参りの仕方に、特徴があるからです。

お参りの仕方

お参りでは、2礼、2拍手をした後、未来に「手に入れたいこと」「達成したこと」をすでに叶っているかのように唱えます。

「1年後、私は●●に合格しています!」

もう1度礼をして、「今日、私は~しました(達成しました!)」と努力したこと、達成したことを唱え、「イエーイ!」と言いながら「ゆにわんこ」の肉球にハイタッチします。
イェ──ヽ(o゚∀`)人(゚∀゚o )ノ──ィ♪
肉球

無意識の力を活用しよう!

「未来に~できている」と未来完了形で語ると、そのことを既に達成したかのように脳が錯覚します。
すると、達成している状態が当り前になるので、無意識レベルでそこに向かおうとするチカラが働きます。

ちなみに、無意識は意識の9倍以上のチカラをもっているそうです。
そのため無意識を活用すると、頑張らなくても自然と目標達成するチカラが湧いてきますよ♪

☆お参りは、教室まで☆

この記事を書いた人

竹田慶ユニワン代表・学習コーチ
〔好きな言葉〕 「意志あるところに道はある」
〔嫌いな言葉〕 「どうせムリ」
〔尊敬する人〕 P.F.ドラッカー、上杉鷹山、自分にチャレンジする子供たち、他