竹田慶from:竹田慶
私たちは大人になるまでに「将来何になりたい?」と何度聞かれるのでしょうか?

小さい頃はいいのです。
「お花屋さんになりたい」「大工さんになりたい」「保育士さんになりたい」「野球選手になりたい」と無邪気に答えます。
そしてこの質問は、働くことや職業について興味関心を持つ機会となるので、とても意味のある質問だと思います。

ところが、少し大きくなって、小学生高学年、あるいは中高生になると話は違ってきます。
「なりたいものがない」「見つからない」と困る子が多くなってきます。
けれど、心配しないでください。それはとても自然なことです。理由は2つあります。

世の中にある職業は変わっていく

1つ目の理由は、昔と比べ、職業は多くあり、今も増え続けているからです。
子どもたちが社会に出る頃には、今ある職業のいくつかはなくなり、それ以上の新しい職業が生まれています。そんな多様で変化の激しい社会において、「何になりたいか」が決まっていなくても良いのではないでしょうか?

「何かになる」=「働く」ことではない

2つ目の理由は、「何かになる」=「働く」ことではないからです。
あるドラマで全く違った公務員が描かれていました。主人公の役人は「役に立ってこそ役人です」と言って一所懸命働いていました。
一方で、市民が困っていても知らん顔で、役に立たない役人もいました。
同じ公務員でも、働く姿は全く違います。「何かになる」=「働く」ことではないのです。
だから、今なりたいものがなくても心配ありません。
大事なことは、「何になりたいか」よりも先に、「何をしたいか」「どんな働きをしたいか」を考えることです。

では、働くとは何でしょう?

いろんな人が、いろんな表現をしています。

「傍(はた=周りの人)を楽(らく)にすること(=はた+らく)」「責任を果たすこと」「価値を創造すること」「問題解決をすること」等。

私が好きな表現は、「働くことは、ありがとうを集めること」です。
もっと具体的に言うと、「誰かの“困った”を“良かった”に変えること」とも言えます。

例えば、出先でお腹が減ってきました(=困った)。そこで、お店に入りおいしい食事をしてお腹が満たされました(=良かった)。
お店の人は、おいしい食事と場所を提供することで、あなたの「困った」を「良かった」に変えたのです。ありがとう、ごちそうさま。その対価として、あなたは料金を払い、お店の人は受け取ります。

これが、「働く」ということです。

更にいうと、そのお店が繁盛してきて、忙しくなりました(=困った)。そこであなたがバイトとして働くことになりました。お蔭でお店の人は助かりました(=良かった)。その対価として、あなたは給料を受け取ります。

これも、「働く」ということです。

全ての仕事が、誰かのありがとうを集めています。誰かの「困った」を「良かった」に変えているのです。

どんな「ありがとう」を集めたいか?

「将来何になりたいか」が見つからないという人は、どんな「ありがとう」を集めたいか、どんな「困った」を「良かった」に変えたいのかを考えてみましょう。

考えるヒントは身近にたくさんあります。

例えば、何かを買うときに、この商品やサービスはどんな「困った」を「よかった」に変えているのだろう?と考えてみる。
例えば、働く大人を見て、この仕事は誰のどんな「困った」を「良かった」に変えているのかを考えてみる。実際に聞いてみるのも良いですね。

意識してやってみる

考えるだけでなく、アルバイトや職業体験、お手伝いを通して、実際に誰かの「困った」を「良かった」に変えることもできます。
ただ漠然と業務をこなすのではなく、意識して働くことで、将来働くことのヒントを得られることでしょう。

自分磨きも、将来につながる行為

また、働くことは、それなりの技術や知識を必要とします。体の弱い警備員や、知識の少ない弁護士がいても役に立ちませんよね。
ですから、自分を磨くことも、将来の可能性を広げることにつながります。
そう考えれば、目の前の勉強や部活動に一所懸命取り組むことだって、将来につながる立派な行為と言えます。

「将来何になりたいか」がまだ見つからなくても大丈夫。
まずは、どんな「ありがとう」を集めたいか考えながら、自分磨きをしてみましょう!

この記事を書いた人

竹田慶ユニワン代表・学習コーチ
〔好きな言葉〕 「意志あるところに道はある」
〔嫌いな言葉〕 「どうせムリ」
〔尊敬する人〕 P.F.ドラッカー、上杉鷹山、自分にチャレンジする子供たち、他